【おしゃれ洗濯便】賠償基準と利用規約

0584-89-8050【営業時間】9:00~16:00 木日祝定休日

MAIL

おしゃれ洗濯便

MAIL

TEL

AGREEMENT賠償規約と利用規約

ご利用規約(必ずご確認ください)

お客さまは、おしゃれ洗濯便の提供するクリーニングサービスをご利用いただく場合、以下の規約が適用されますので、これに同意の上ご利用いただきますよう、あらかじめご了承ください。

注文内容ご確認メールがお客さまに送信された時点で、ご注文いただいた商品は下記利用規約・事故賠償制度に同意されたものといたします。

ご了解事項
*お預かりしたお品物の状態につきましては、当店の検品作業もしくは、検品メールをもって確定させていただきます。
*要確認事項がある場合は、メールのご返信、またはお電話にて了承をいただいた後、作業開始となります。1週間以内にご返事がない場合は返品となりますので、ご了承ください。
*ご購入いただいた詰め放題バッグの点数が上限です。お品物や詰め方によっては、入りきらない場合がございます。あらかじめご了承ください。
*仕上がったお品物がお客さまご不在の為、当店に荷戻り・再配送となった場合、および当店より発送完了後に転送となった場合は、再配送の送料(手数料含む)3,240円(税込)をご負担いただきます。


【1】お取り扱いできる商品
(1)「おしゃれ洗濯便」では、基本的に一般ドライクリーニングおよびランドリークリーニングが可能な商品(衣類・布団)をお取り扱いいたしております。
ただし、商品の素材・形状などの理由により、お客さまと直接メールまたはお電話にて相互確認させていただく場合がございます。

【2】お取り扱いできない商品

お取り扱いできない商品
・礼服 ・濡れたままの衣類
・高額衣料品 ・汚物・嘔吐物が付着した物
・パーティードレス・ドレス・プリーツが入った商品・シワ加工商品 ・ペットが使用した物
・皮革・毛皮商品 ・不具合(破れ・穴あき・ほつれなど)があるもの
・着物類(絞り/縮みの浴衣・作り/絞り帯含む) ・クリーニング不可能の表示があるもの
・カーペット類 ・洗濯表示がない商品
・肌着・下着類・おむつ ・海外で購入された商品
・合成皮革・ポリウレタン商品 ※1 ・メーカーが不明な商品
・破れのある羽毛商品(羽毛が飛び出す恐れがあるため) ・その他、当店がクリーニングできないと判断したもの


《お客さまからキャンセルのお申し出があった場合、もしくは当店で洗えないお品物(上記参照)と判断した場合には、所定の手続き※2をとらせていただいた後、返品とさせていただきます。》

※1 ファスナートップなど、一部のみに合成皮革が使用されている商品は、お取り扱いいたします。ただし、合成皮革は生地の製造より約3年で劣化するため、クリーニングによって、剥離・ひび割れ・ベタツキが発生する可能性があることをご了解の上お出しください。なお、衣類における合成皮革の割合が高い商品、および既に剥離・ひび割れ・ベタツキが発生している商品はお取り扱いできません。

※2 検品メールで理由と合わせてご案内しております。返金やお値引きなどの割引はございません。 また、クリーニング不可・返品となったお品物は、他のお仕上り品と一緒にお返しとなります。 返品のお品物を先に返送をご希望の場合、又は、当店で保管出来かねる場合は、お客さま送料ご負担(着払い)となりますのでご注意ください。

【3】以下の項目についてご確認およびご了承ください。
<A>ポケットの中を点検してください。ポケットの中身について責任は一切負えません。
<B>ホコロビ・キズ・小さな穴などはクリーニング中に広がることがあります。
<C>上下物など対の商品は、別々に出されますと風合い等に、若干の変化が生じる可能性がございますので極力、一緒にクリーニングにお出しください。
<D>ボタン類や装飾品の紛失・破損は、賠償対象外になります。取り外してからお出しください。
<E>「ボンディング加工」(生地と生地を接着剤で貼り合わせた加工で、スーツやコートに多くみられます)がされた商品は、耐用年数が2~3年となり、時間の経過と共に、所々水ぶくれのようになります。また、クリーニングによって水ぶくれのような状態が顕在化することがあります。

【4】お品物の集荷および納品
(1)お客さまは、当店が別途定める方法により、お品物の集荷を提携集配業者に依頼するものとし、当社が定める方法以外で弊社へお品物を送付した場合、別途送料を負担することがあることを、了承するものとします。
(2)集荷および配送は、提携宅配業者が行うものであり、当店は集荷および配送に関連して、お客さまが被った被害については、一切の責任を負わないものとします。
(3)当店および提携宅配業者は、お客さまよりお届け日のご希望があった場合、ご希望のお届け日に納品できるよう、努力を尽くしますが、お届け日は天候・道路事情などにより左右されることがあり、あくまで目安にとどまるものです。当該お届け日に納品できなかった場合でも、返金や損害賠償等の義務を負うものではありません。
(4)お客さまは、当店から納品されたお品物に対して、再仕上げおよびその他の事象により、当社より当該商品の返送依頼があった場合、速やかに当店へ返送するものとします。

【5】再仕上げ
(1)仕上がり品について、お気付きの点がございましたら、当該商品が到着後2週間以内に「おしゃれ洗濯便」まで、メールまたはお電話でご連絡ください。
ご対応させていただきます。 ただし、到着後2週間以上経過した場合は、「おしゃれ洗濯便」の賠償制度の対象にはなりませんので、ご注意ください。
(2)当該商品はクリーニング後、未着用・未使用であることと、「おしゃれ洗濯便」で取り付けさせていただいたクリーニング用タグが、そのまま付いている状態である場合に限りご対応いたします。
(3)シミにつきましては、下記の通りとなります。
  a)黄色の羽子板型のタグがついている場合
有料シミ抜きをご注文いただいた場合に付いています。既に生地を傷めないところまで処理しております。シミの落ち具合に不具合のある場合は、再仕上げは可能ですが、生地を傷めてしまう可能性があること、および完全に落とせない可能性もあることをご了承ください。
  b)白色の羽子板型のタグがついている場合
   簡易シミ抜き箇所をお知らせするタグです。シミが落ちきっていない場合は、再仕上げを承りますが、有料シミ抜き(お客さま負担)でのお取り扱いとなり、再仕上げの商品の往復送料もお客さま負担となります。
また、有料シミ抜きでも完全に落とせない可能性があることをご了承ください。
(4)お預かりした商品には、それぞれ経年劣化および変化、耐用年数、取り扱い方法に違いがございます。
クリーニング後の個人の感性や感覚の部分などに関するお申し出には、お応えできません。

【6】キットの再送について
(1)キットを再送する場合、再送料として1つ540円(税込)を申し受けます。

【7】キャンセル
(1)キット発送前はキャンセル可能です。手数料はかかりません。
(2)キット発送後10日以内の場合はキャンセル可能です。ただし、キャンセル料として1,620円(税込)(バッグ代、送料、手数料)が発生いたします。
(3)キット発送後10日以上経過した場合、および当店にお品物が到着後のキャンセルは、いかなる理由におきましてもお受けすることができません。
(4)キャンセル日が、注文日の翌月末以降の場合、ポイントの返還はシステム上できません。なお、期間限定で付与されたポイントについては、キャンセル日に関わらず失効する可能性があります。
(5)ご注文から6カ月以上経過した場合は、当店からキャンセルすることがあります。その場合キャンセル料として1,620円(税込)(バッグ代、送料、手数料)を申し受けます。なお、ご購入の際にポイントを使用された場合、使用されたポイントは戻りません。

【8】損害賠償
(1)お客さまは、本規約に違反することにより、または本サービスの利用に関連して当店に損害を与えた場合、当店に対しその損害を賠償しなければなりません。
(2)当店は、本サービスに関連してお客さまが被った被害について、「事故賠償制度」に従った範囲でのみ、賠償義務を負うものとします。
ただし、本規約の本文と、事故賠償制度の内容が矛盾する場合、本規約が優先して効力を有するものとします。

【9】本規約等の変更
(1)当店は、お客さまへのサービスの範囲を含め、お客さまへ事前の通知をすることなく、本サービスの内容・名称および本規約を自由に変更できるものとします。

----------------------------------------------------

おしゃれ洗濯便『クリーニング事故賠償制度』

※おしゃれ洗濯便の『クリーニング事故賠償制度』の基準は、学識経験者・消費者連合会・主婦連合会・消費者センターで定めた全国生活衛生営業指導センターの「クリーニング事故賠償基準」に基づくものといたします。

〔1〕賠償制度
この賠償基準は、弊社がお客さまからお預かりした洗濯物の処理または受け取りおよび引き渡しの業務の遂行にあたり職務上相当な注意を怠ったことに基づき、法律上の損害賠償責任を負うべき場合に公平かつ効率的にトラブルを解決するとともに、消費者の簡易迅速な救済をはかることを目的に定めます。

〔2〕賠償制度の詳細
<A>賠償責任の範囲
※クリーニング事故原因は、以下の三つに大別されます。
1.クリーニング方法および取り扱いなどに過失がある場合
2.アパレルメーカーの企画・製造などに過失がある場合
3.お客さまの着用および保管などに過失がある場合
※クリーニング事故賠償制度が適用されるのは「クリーニング方法および取り扱いなどに過失がある」とみなされた場合に限ります。なお、クリーニング事故原因の決定は繊維製品検査の鑑定、などに基づくものとします。

1.クリーニング方法および取り扱いなどに過失がある場合
<1>洗浄工程およびシミ抜き工程による損傷
<2>仕上げ工程による損傷
<3>不明および紛失
<4>その他の原因による損傷
<5>幣社での保管中の損傷(保管システムに限る)

2.アパレルメーカーの企画・製造などに過失がある場合
<1>衣類の変化(劣化)が著しい素材、クリーニング工程の異なる素材で製造された衣類(ポリウレタン加工商品など)
<2>染色堅牢度や退色堅牢度の弱い生地で製造された衣類
<3>熱セット性が弱い生地で企画・製造された衣類(綿・麻等に対するプリーツ加工)
<4>通常のクリーニングに耐えない素材で企画・製造された衣類
(プリント脱落、属品の破損、ボタン・スパンコール・ ビーズなどの欠落および破損を含む)
<5>縫製撚糸のあまさによるホツレ・ほころび・プリーツ・シワ加工消失など
<6>その他企画・製造等に起因する事柄

3.お客さまの着用および保管などに過失がある場合
<1>汗や日光、蛍光灯による変退色や脱色
<2>化学薬品などによる変退色や脱色
(整髪剤・パーマ液・バッテリー液・台所および風呂用洗剤・洗濯洗剤などの付着によるもの)
<3>着用時または気づかないままの破れ・糸引き・食べこぼしなど
<4>ボタンの欠落および破損
<5>クリーニング引取り後のお客さま保管中の損傷
<6>その他これらに類するお客様による事故
<7>素材などの経時劣化によるもの・・・合成皮革・ポリウレタン製品は製造年から3年以上経過し、劣化の恐れがある商品

<B>賠償額の算定方法
※「賠償額」=「物品の購入価格」×「物品からの経時月数に対応して別表に定められた補償割合」









※上記賠償額については基本的なものであり、委託商品の劣損傷状況によっては、この限りではありません。
また、賠償額の上限については当該商品の時価を超えることはありません。
※特例として、洗濯物が紛失した場合など前条に定める賠償額の算定方式によることが妥当でないと認められる場合には、次の算定方式を使用いたします。

1.洗濯物がドライクリーニングによって処理されたとき⇒ 賠償対象品弊社定価の40倍
2.洗濯物がランドリークリーニングによって処理されたとき⇒ 賠償対象品弊社定価の20倍

<C>賠償条件
1.幣社のクリーニングタグ(マーキング)が当該商品の本体に付いていることを前提とします。
万一、幣社マーキングを紛失または破棄処分されている場合は、それに準じて証明するものがある場合に限り、事故賠償制度に適用されます。
2.当該商品は、仕上がり品をお届け後、2週間以内にお申し出をいただき、幣社が事故扱いと認めた場合に限ります。
3.購入価格については、購入先またはメーカーの領収書、レシートなどを必要とします。
それらが紛失、破棄処分などなされている場合は、調査のうえ決定します。
(時価を超えての賠償には応じられませんので、ご注意ください。)
4.損害弁償品の返却およびクリーニング代金、その他の費用の返金はできません。
ただし、幣社が別途に返却・返品を認める場合は、その限りではありません。
5.購入価格が1点10万円(高額商品)を越す商品に関しましては、お取り扱いできません。
 また、上記商品(高額商品)関しては事故補償に応じることはできません。
6.お客さまの着用使用時に原因があると判断された事故やアパレルメーカーの企画・製造などに過失がある場合については事故賠償制度の対象になりませんので、ご注意ください。
7.アパレルメーカーの責務により取り付けられた洗濯表示、もしくは組成表示によってクリーニング事故が発生した場合、アパレルメーカーがその責に任ずるように、被クリーニング利用者に代わり事故賠償交渉を弊社が行うことができます。
※無形的損害賠償や精神的慰謝料などには応じられません。

<D>免責
1.台風・地震・津波・竜巻・洪水などの自然災害に起因する事故については、損害賠償の範囲ではありません。
2.主観的価値である無形的損害賠償や精神的慰謝料などのご請求に対しては、対応できません。
3.輸入商品などの衣文化の違いによる事故についての損害賠償は、時価の範囲を超えることは一切ありません。
4.当社側に故意の重過失があった場合は、民法の規定に従い対応させていただきます。
5.本規約に記載なき事項および本規約の条項の解釈について疑義が生じた事項については、お客さまと当方の担当責任者において、相互信頼の精神に基づき協議のうえ、穏やかに解決をはかるものとさせていただきます。しかし、二者間において問題解決が難しいと判断させていただいた場合には、中立公正な第三者機関に対してお客さまにも仲裁のお申し出をお願いする場合がございます。


以上

<2013年12月 1日制定>
<2017年 2月 1日改訂>
タカケンサンシャイン株式会社